新サービスリリース miPoolのご紹介 コインテレグラフジャンパンに掲載

プロジェクト概要

1.Flare NetworksがXRP保有者に対し、1:1のSpark Tokenのエアドロップが実施されます
2.日本時間2020年12月12日(土) 09:00までに申し込みする必要がありますが、当プラットフォーム上での申込期日は日本時間2020年12月11日(金) 21:00までです。
3.当プラットフォーム口座にXRPを用意し(当プラットフォーム口座にXRPを送金するお客様はくれぐれご注意していただきたいのは、XRP送金時必ず!必ず!XRPアドレス以外にタグを忘れずに入力してください!!!)、XRP口座がご用意された後に、当プラットフォームにてFXRPを申込必要があります。FXRPはSpark Tokenのエアドロップを受けられる権利トークンです。
4.2020年12月12日(土) 09:00スナップショット完了後、お客様のXRPは申込際と同額を15日までにお客様アカウントに返金します。
5.その後お客様が持つFRXP数量に1:1の比例で、Spark Tokenのエアドロップを受けられます。Flare NetworksによるとXRPトークンの15%に相当するSparkトークンがまず付与される予定で、残りの85%のSparkトークンは最低で25ヶ月、最大で34ヶ月の期間にかけて順次分配する計画としている。

申込規約

Flare NetworksがXRP保有者に対し、ネイティブトークンSparkの付与(エアドロップ)を発表した。Sparkトークンを1000億枚発行する計画で、分配方法は以下の数式を元に付与される。数値は2020年12月12日(土) 09:00スナップショット時を元に算出:
受け取れるSpark=保有するXRP÷(全てのXRPーリップル社(関連企業含む)が保有するXRPー参加しない取引所が保有するXRP)×450億
Sparkトークンの受け取る資格を持つユーザーにはまず保有するXRPトークンの15%に相当するSparkトークンが付与される予定で、残りの85%のSparkトークンは最低で25ヶ月、最大で34ヶ月の期間にかけて順次分配する計画としている。
毎月の付与される比率は2%から4%の範囲でFTSO(Flare Time Series Oracle)と呼ばれるオラクルによってランダムに決定されることになり、このプロセスはトークンが全て付与されるか34ヶ月が経過するまで継続される予定だ。

参考

免責事項:仮想通貨資産投資は、投資家にとって挑戦的で潜在的に有益な機会となる可能性があります。しかしリスクも伴うことで、 ユーザーは投資目的、投資経験に応じて、リスクを慎重に検討することを強くお勧めします。


| グローバルIDCにサーバー設置 | ハイスベックなマイニングマシン

WD 14T*24

Raid 0

33.33 GB/H

33.33 GB/H

1.92H/Sector

Good Perform

SHA Struction

High Performance

CPU AMD7542*2
Graphics 2080Ti*2
Ram 256GB*4
SSD 4TB*2
Store 336T
速度 800GB/Day/Set
| FILmiPool-TicMusi
  • TicMusiはFILmiPoolチームによって開発されたIPFSーFilecoin音楽配信サービスです。 IPFS、PowerGate、FilecoinNetworkなどの多くの新技術がベースとなっています。

    この度Filecoin公式コンペであるSlingShotにて、世界中から参加する417チーム中にトップ10位に入賞する事が出来ました。 未来からのIPFS-Filecoin音楽配信 TicMusiをお楽しみください。今後もFILmiPoolにご期待ください。
| FILmiPoolについて
  • 1FILmiPool の技術チームは、第三世代のブロックチェーンであるEOSのスーパーノード技術者集団から形成されており、彼らはDPoSスーパーノードEOSマイニングにトップランキングの実績を上げていました。したがって Filecoin のクラウドマイニングに非常に特化したエンジニアチームであると言われています。
  • 2我々はFilecoinのマイニングコンセンサスPoRP,PoStにもいち早く研究し、いままでFilecoinテストネット上では常に上位にランキングして来ました。この度Filecoinメインネットが8月末に立上げに照準して、もっとも効率のよいFIL獲得するジェネマイニング(創世マイニング)にクラウドマイニングサービスとしてご提供します。
  • 3お客様には複雑な技術が分からなくても、初期投資が少なくても(分割貸与)、FILmiPoolのクラウドマイニングサービスを利用して、FILmiPoolの技術プラットフォームプールの上で、ジェネマイニングに参加でき、高い利益還元が獲得できます。
| 分散型グリッドコンピューティング
  • 1我々FILmiPoolのサーバー群は世界中に分散し、グリッドコンピューティング技術を駆使して、コンピューティングサーバー群とストレージサーバー群に分けて制御し、高いマイニング効率を上げます。
  • 2また独自に開発されたマイニングサーバーマシンは左図のように高い性能を持ち、最適なパフォーマンスと最適なコストをバランスよく組み合わせています。
  • 3今後FileCoinメインネットが8月末に立上げてから、弊社の技術集団も常にFilecoinの新しい発展にいち早く追随し、常にトップランキングのマイニングプールに維持することに自信を持っております。かつてEOSメインネット立上げ、事業化して来た道と同じように、最高な技術とサービスをお客様に提供し続けます。

プロジェクト概要

ETH2.0バリデーターとして、新しいETH2.0の未来に投資しましょう!
1.0.1ETHの少ない資金から参加でき、また随時追加投資もできます
2.専門知識要らず、当社はバリデータの技術プラットフォーム代行
3.ETHベースで元本保証と年率約15%のハイリターン・ローリスク

申込規約

1. ETH2.0のバリデーターになるには32ETHを投資する必要があり、本サービスを利用することにより、0.1ETHからの少額投資ができます。ETH2.0にステーキングして、元本保証、年率15%前後のハイリターン、ローリスクの投資商品です。お客様にしてみれば、ETHを銀行(=ブロックチェーン)に預金して、利息をもらえることです。

2. ETH2.0は2020年12月1日にスタートします。ETHmiPoolは皆さんの代わりにノードの技術開発及び維持管理を行い、皆さんは毎日ETHのステーキング収益を得ることができます。ステーキングとは、自分のETHをイーサリアムブロックチェーンネットワークに入れて、円滑的に稼働するために貢献することです。

3.購入方法は、価額1ETH20=1ETH、皆さんは当サイトにてETH20トークンを購入し、ETH20の持ち率に比例して、毎日配当を得られます。

4.2020年12月1日からのETH2.0フェース0は、ステーキングしたETH及び毎日得た配当はフェース2までに引き出すことができませんが、米Coinbaseの最高プロダクト責任者、スロジット・チャタージー(Surojit Chatterjee)氏は12月1日、ステーキングされたETH向けの市場「ビーコンチェーン・イーサリアム(BETH)」を作るとブログで明らかにした。同様なように今後当プラットフォームも提携する取引所へアプローチし、ETH20の上場とETH20/ETHの取引を行うことにより、皆さまの資産の流動性が確保できます。

5.ETH2.0のバリデーターノードの技術開発、保守メンテなど当社側ですべてを行います。当社はサービス全体のステーキング収益の20%をサービス手数料としていただきます。

参考

免責事項:仮想通貨資産投資は、投資家にとって挑戦的で潜在的に有益な機会となる可能性があります。しかしリスクも伴うことで、 ユーザーは投資目的、投資経験に応じて、リスクを慎重に検討することを強くお勧めします。
© 2020 Copyright MiPool | All Rights Reserved.